Asura & Sylvari

といいながらほとんどアスラ
やってた時間は同じくらいなんですが
シルヴァリのキャラメイク中に録画止めてしまってたり
SSもほとんど撮ってなかったので
振り返れるものが手元にあるのはアスラだらけ

別にシルヴァリがダメで
やっぱりアスラだねって話ではないです
シルヴァリは普通に(上手く作ればヒューマンよりも)カッコ良いですし
他のゲームでは見られない雰囲気持ってますので
人気も高いです

ただやってみた感じ
シルヴァリのキャラメイクはヒューマンを意識すると難しい感じ
「植物」ってのを意識すると綺麗にいきます

アスラは爬虫類とか宇宙人とか言われてますが
確かに人間の子供とはかけ離れてますのでそういう可愛さはないです
はっきりいってクソ生意気です
日本アニメの可愛いキャラではなく
アメリカアニメ(スヌーピーが近いと思いました)のコミカルで愛嬌のある感じ

また静止画で見る印象と
実際に動いている(動かしてみる)印象ではかなり変わります
期待せずにアスラをやってみた人がメインキャラにしようと考えるくらい
おそらく人気筆頭になりそうな種族

————————————————————————————————–




実はBWE3前にPCの中身を大幅に変えて
(ケースと電源とハードディスクとSSDだけが引き継いだくらい)
そのときに昔のドライバとか消さずにそのまま新しいの突っ込んだり
サウンドカード外してオンボードに切り替えたとかしたために
一部不具合を持ったままBWE3に参加しました

そのときにキャプチャーソフトの設定も変えないとダメだったのですが
それに気づかずやり続けたため
録画したものすべて音声なしという悲惨なことに・・・

しかも後半はゲーム中に70~80FPSでていたのに
(会話シーンにいたっては120FPSとか異常に高い数字)
キャプチャーは60FPSで止めていたせいか
録画したものはとんでもなくコマ落ちしたものになっていたという・・・

全部で500Gくらいの動画撮ってたのにほとんど無意味なものになってしまったわけです
(´;ω;`)


とあらかじめ言い訳しておいて
まずはアスラのキャラクリ~冒頭のストーリーまで(音なしバージョン)


高画質版
Biographyの途中で動きが止まって
カーソルが変わる部分がありますが
実はBiographyのカンニングをしていたためで不具合ではありません

顔のパターンはヒューマンに比べるとかなり少ないのですが
スライダーで調整できる部分は多くなっています
上まぶたと下まぶたが別々に調整できたり
目の間隔変えれたりするのはアスラだけ

体の模様はボディーパーツのところで出てくるのですが
そこで色を変えることができます
ただし
皮膚の色を変えるわけではなく模様の色だけです

だったら体全体の色(いわゆる皮膚の色)はどこで変えるのか?

これに引っかかった人が多かったそうなのですが
正解は
「フェイスパターンのところにあるパレット」
でした

サイズなんですが
スライダーで調整できるとはいうものの
比較するものがないので
どれくらいの大きさになるのかってのが掴みにくいと思います

ということでReditにアップされていた
全種族男女の最大と最小サイズの一覧
(クリックで拡大します)

アスラ頭でかいなぁ・・・

アスラの特徴は大きな耳なので
そこの調整がいろいろ出来るのが面白いところ
太さ長さに加えて角度とかもありますからねぇ


余談・・・

名前入力のところで
一度「Totto」と入力して使用可能なのを確認していますが
元ネタは某国産MMOの最強最悪の黒魔導師
身体は小さくプライドは最も高いという点だけでなく
いろんな面でアスラとタ○○ルは似たような部分を持っています
偶然なのか意識したのかはわかりませんが
プレイした感じで同じ系統だなぁという印象を受けました

さらに余談・・・

アスラには命名規則というものがありました
250年の間にだいぶ崩れてきたのか従ってないNPCもいますが
だいたいはこの規則に従った名前を持っています

・1つか2つの短い音節でできている
・名前のどこかに同じ文字が2つ続く
・女性なら最後の文字は母音になる「i」か「a」(例:Zojja)
・男性なら子音で終わる(例:Vekk
・ラストネームは持たない
・この規則に従わないアスラは子供の頃に笑いものにされる

こんな設定
なので「Totto」は母音終わりですが「o」で終わるために規則から外れます
「Totta」もしくは「Totti」だったら規則どおりです
逆に「Ayappi」は「i」終わりなので良いのですが
3音節あるので規則から外れてしまいます
「Yappi」もしくは「Ayya」なら入ることになります

拘るか拘らないかはプレイヤー次第
規則に従わない名前だとしてもNPCから嘲笑されたりはしません・・・たぶん


本題にもどしまして・・・
キャラメイクとストーリーが終わるとチュートリアルになります
ストーリーはいたって簡単

・同族でありながら敵対勢力になっている「Inquest」の連中が攻めてきているので倒す
・プログラミングされていないゴーレムの暴走を止める
・Zojjaと合流してアスラゲートの先でInquestのゴーレムを倒す

こんな流れです
こちらも音なしバージョン

高画質版
最初にいきなり関係ない道に行ってますが迷子ではなく
何かないか見に行っただけでございます
さすがに緑マークでている狭いエリアで迷子にはならないです

やたらとジャンプしまくってるように見えますが
手を振り回すのがジャンプで
一回転するのが回避
他の種族なら転がるところをアスラだけ飛んで回避するわけです
優遇されてますねぇ

戦闘見てもおわかりかと思いますが
かなりコミカルな動きをします
これでマジメな話とかするのでギャップが凄いんですけどね
だから可愛いっていうことになるわけですが・・・

見た目はアレなんですけどね
チャールとアスラで可愛いキャラを二分しそうな雰囲気です

えー・・・これはないだろうって思われた方
GW2をやるならぜひ一度アスラをやってみてください
考え変わることのほうが多いと思います

————————————————————————————————–

さてシルヴァリ

キャラクリ撮影できてなかったので
チュートリアルです

高画質版
実は他の種族とちょっと違っているところがあります
設定に基づいたことなんですけど・・・

他の種族は大人になってる状態で話が始まりますが
シルヴァリだけは生まれる直前の話から始まります

設定上
シルヴァリは生まれる直前に夢を見ます
その夢が悪夢に冒されてしまって
自分は戦わなければならない運命にあるって悟る話です

チュートリアルのインスタンスは夢の中です
だから主要NPCのCaitheが半透明の精神だけの存在だったりするわけです
(セリフの中にもここが夢であるって言ってるんですけどね)

チュートリアルではちゃんと防具つけてたのに
ドラゴン倒して会話イベントになったらいきなり下着姿になります
これバグって思う人居たかもしれませんね
前述のとおり生まれる前

2 Responses

  1. nskk (アスラ風に) says:

    |・ω・)ノ どうも。
    BWE3 は諸事情であんまり遊べなかったんですけども、アスラ一本でプレイしてました。
    キャラクターの体格は違っていても移動速度等は皆同じなので、チャールがもっさりに見えるのに対しアスラはきびきび動いてました。何より動き回るだけでもオーバーアクションなので見ていて楽しいです。
    分かりやすい悪人顔(f.hatena.ne.jp/nsk/20120721040906)が作れるのはポイントですよね。

  2. 美月綾乃 says:

    (=°-°)ノ ドモデス
    ジャンプ⇒着地で「おーっとっと」ってなったりしますからねぇ
    走っててもいつかコケるんじゃないかと思ってしまいます
    明らかに腹黒って感じになったり
    ずいぶんと偉そうにできたりるのですが
    なぜか憎みきれないんですよねぇ
    そんなとこも含めてポイント高いと思います

コメントを残す



*