Development Update

しばらく沈黙を続けてたARENANETでしたが
予告どおりの内容と
gamescom前に宣言していたペットシステムの変更と
予想の上をいく修正の発表を行ってきました

さらに
その冒頭では
すべての面において作業は順調に進んでいると報告され
GuildWars2完成に向けて大きく前進していると書かれています

completing Guild Wars 2

こういう言葉が使われたのは今回が初めてですね
あと2ヶ月足らずで2011年終わりですが
予告どおりの年内テスト開始が見えてきたからかもしれません

元記事
Guild Wars 2 Development Update by Jon Peters

—————————————————————————————————-




・エンジニア用ツールベルト

Paris Games Week 2011のインタビューで
ゲームデザイナーのBen Millerさんが言ってた
「既存スキルを新しいものに置き換える作業」って話
てっきりGW1のスキルをGW2用に書き換えていってるのかなと思ってましたけど
もしかするとコレのことだっかのかもしれません

エンジニアってクラスは
GW1にはまったく存在せず
GW2で初めて出てくるプロフェッション(クラス)になりますので
実際にゲームの中でどう動くのか
他と一緒にさせるとどうなるのか
どういう立ち回りになっていくのか
なんてことはすべて未知の段階です

もちろんαテストは行われていますし
いろんなイベントでデモ版をプレイしてもらって
上がってくる意見や質問をキチンと聞いていってるわけで
それらをすぐに反映させて修正してしまうあたり
やはりARENANETも慎重にやってるのかもしれません


GW2の操作系は
以前にも説明したとおり
1~5キーが武器に関するスキル
6がヒーリング
7~9がプロフェッションのスキル
0がエリートスキル
と固定されていますが
それとは別にF1~F4までを使ったものが
プロフェッションごとに存在しています


このエンジニアはそのF1~F4までにツールベルトが与えられていて
それを使い分けることでいろいろできるようになっていたのですが
今回それを改善したことで新たに23個のスキルを設計することになったというお話


どうやら
突き詰めていくとかなり激しい操作ができるプロフェッションになった
という感じなのですが
その中でもかなりテクニカルになった気がしないでもないです

————————————————————————————————-

・ペットシステム

レンジャーのお供になるペットです
GW1では常に1匹でレンジャー自身のスキルで強化や特殊攻撃の指示とかしてましたが
GW2ではいろいろと変更が入ったので
おそらくGW1のペットジョブではなくなる感じです

GW2のレンジャーは陸上用と水中用2匹のペットスロットを持っています
それぞれに1匹ずつ割り当てることになりますが
水陸両用ってペットもいますので
いろいろ組み合わせることができます

 以前より水中バトルや水中探索を押して来ているGW2ですが
 全エリアの25~30%くらいが水中になるということです
 なのでレンジャーのペットも
 水中用ってのが必要不可欠になってくるわけですね

ペットに対して直接指示をだせるのは
スタンスの切替とプレイヤーがターゲットしている相手への攻撃だけ
となっています

アクティブスタンスのときはプレイヤーと戦っている相手を自主的に
つまりプレイヤーの指示なしで攻撃しにいきます
パッシブスタンスのときはプレイヤーが攻撃中であっても
プレイヤーからの指示がない限り攻撃しにいきません
そのスタンスの切替はF3
攻撃指示はF1となります

2種類のペットの入替はF4で行いますが
片方がダウンしたときに入れ替えると
関連付けられているクールダウンが長くなります
スタンスの入替や攻撃指示とかですかね

 GW1ではペットが倒されると
 いきなりすべてのスキルが使用状態になってクールダウンが終わるまで
 基本攻撃以外何もできなくなりましたが
 2ではペット部分だけのようです
 これほんと苦労させられますからねぇ
 自分も回復しないと危ないのに
 いきなりクールダウンになったりとかで
何度危ない目にあったことか・・・

ペットはプレイヤーのレベルに依存します
ペットだけのレベルはありません
自分がレベル20の時にレベル5のペットを捕まえてきたからといって
いちいちペットのためだけに経験値稼ぎしなくても良くなります
飼育場でお金払って育ててもらうなんてことも不要です

 あれ面倒ですからねぇ
 ってまだロクに捕まえて育ててないわたしが言うのもなんですが
 ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

ペットのステータスやアビリティはそれぞれのペットの種族で決まります
さらに種族は科に属していて・・・

 あ~ややこしい
 Each pet belongs to a species and each species belongs to a family.
 ようするにクマ科シロクマ族?

捕まえた種族は非戦闘中ならいつでもペットスロットにセットできます
ペットは科目ごとの3つの基本アビリティと
種族固有のアビリティを持っています
その種族のアビリティはF2で使用させることができて
クールダウンが発生します

操作系をまとめると

 F1:ターゲットしている相手を攻撃
 F2:ペット種族アビリティ使用(使うとクールダウン発生)
 F3:ペットのスタンス切替
 F4:ペット入替

となります

ペットは厩舎とか気にせず捕まえていって
好きな通りセットできるようになります


以上が今回発表されたペット関係
某フォーラムでは
レンジャー自身がペットに関与できるものが少なすぎるのでは?
ペットのアイデンティティが損なうんじゃないか?
という懸念が飛び交っているようですが
わたし個人的には十分かなと思ってます

あまりペットへの指示やスキルを増やしてしまうと
レンジャー自身よりもペットが主体となってしまいますし
それでは「レンジャー

コメントを残す



*