Player vs Player

ときどき
「日本人はPvPを嫌うからPvPのあるゲームは流行らない」
というセリフを見かけますが
そのたびに
それってPKの話じゃないのかな?と思っています

MMORPGはレベルや装備による補正が強いので対人戦は成り立たない
とか言う話も目にしますね
たしかにそういうゲームありますし
実際わたしも体験したことがあります
Lv39のときにLv40の相手を攻撃したら
こっちからのダメージは1しかでないのに
相手からは4桁のダメージがきた
とかね
忘れもしないSE○A運営時代のR○Online!
あんたのことだ(-_-メ)
(運営変わってからどうなったか知りませんが・・・)

とはいえ
最近のMMORPGの多くは
PvPを実装しているもののほうが多くて
そのあたりで開発さんや運営さんは
いろいろと工夫されたり苦労されたりしているようです

——————————————————————————————



そのまえに
PKとPvPは論点が違うのでキチンと分けて考えてくださいね
とだけお願いします

確かにプレイヤーがプレイヤーを攻撃するって意味において
PKはPvPの一種ではありますが
一定のルールに従って行うというものではありませんので
無法になっていくのは当然なわけです
むしろ「狙った相手を倒すために手段を選ばない」ことになりますから
どんなことでもするわけです
それこそレベル差や装備などで優劣をつけてしまおうってことも十分ありえます

仮に装備やレベルが対等であっても
圧倒的な数で襲い掛かったり
NPCと戦闘中のところを襲撃することでも有利になります

それじゃやられるほうはつまらないし
やられた人はそのゲームから離れていくだけだから
そういう行為は禁止しましょうって流れにもなってるわけなんですが・・・

他には
自分のキャラが他人から「殺される」ってことを嫌がる人もいますよね
逆に「他人のキャラを殺すのは嫌」って人も
特にキャラへの思い入れが強い人なのかもしれませんね
それもPK(Player Killer)って意味を強く感じてるからじゃないかと思うのですけど・・・


とはいえ
やっぱり他の人との競争ってのはゲームにとって必要なわけです

カイヨワだっけ
フランスの思想家で遊びの要素を分類した人
競争・模倣・偶然・めまい
この4つが大事なんですよ~
というのは以前にいた某会社で嫌というほど聞かされたことでございます

という堅苦しい話は置いておくにしても
自分と友人とどっちが強いんだろう
とか
うちのギルドとあっちのギルドとどっちが・・・
なんて考えるのはごく自然な流れなわけです

MMO以外でも
格闘ゲームの対戦だけなく
レースゲームもそうだし
スポーツゲームもそうだし
カードゲームもそうだし
人と何かを競うゲームだったら
すべてPvP
Player vs Playerなわけですよ

だから
PvP=殺し合い
って感覚は持たないでくださいな

—————————————————————————————–

でGuildWars2
1の時代からPvPがあって
他とはちょっと違う作りをしていたので
そこでの評価が高いのですが
さらにそれをグレードアップさせたかったそうです

で出てきたのがこれ


 ARENANET vs Guild BOON Control
 いわゆる
 開発チーム対プレイヤーギルド選抜チーム
 によるエキシビジョンマッチ

まぁ全体的なシステムのグレードが上がりすぎてるので
それだけでも十分すごいことになってますが・・・
(´~`ヾ) ぽりぽり・・・

とりあえず
gamescomのデモ用として1つのMAPを使って
こんな感じですよ~というお披露目的なものです

ルールは簡単
制限時間(15分)内に500ポイントを稼いだチームの勝ち
ポイントは
・相手のプレイヤーを倒す
・拠点を押さえる
これで稼ぎます

このマップだと
それぞれの陣地近くには投石器が1つずつあって
それを使って攻撃することもできますが
見てのとおり建物も破壊できたりします
もちろん当たると大ダメージ喰らいます
このあたりも戦略として組み込むかどうかってとこですね

ヒーラーとかタンクという観念をなくすって元に作られてますが
そのおかげでプロフェッション(クラス)関係なく
やれてるのも良いですねぇ
上の動画ではプレイヤーはネクロマンサーですが
エンジニアやシーフでも十分立ち回れてますね


ちなみにGuildWarsというゲーム
スキルを覚えたからといって
全部使うことはできません
武器ごとにセットできる数が決まっていて
それの組み合わせを考えるってことがとっても重要
というか
それがGuildWarsの特徴です

いわゆるカードゲームのデッキ構築ですね
これがねぇ
大変だけど面白いんですよ
モロに趣味でますからねぇ


今回公開されたデモでは
5vs5のものでしたが
たぶんこれが「Tournament play」と言われるものではないかと思います
頂点目指すぜー!
ってなるシステムですね

それとは別に
カジュアルライクなものもありまして

まぁこんな感じで
マップもイロイロ
人数も1vs1~10vs10までといろんなパターンがあって
好きなときに好きなとこへ参加できるよってことになってるそうです

もっともPvPという性質上
PvEほどカジュアルなものにはなれないってのは仕方ないことですが・・・

ちなみにPvPを行うときは
すべてのスキルとアイテム(装備かな?)が使用できる
最高レベルに調整されるそうなので
レベル差による有利不利は「なし」になります
また
PvPエリアでセットしたスキル(と組み合せ)はPvEエリアに戻るときに記憶されるので
PvPやるときは以前のものがセットされる仕組み
とうぜん新たに組み替えることもできるわけです


単に闘技場みたいな空間で
スキル連打するだけの対戦ではなく
きちんと戦略立てるだけの価値がありそうですねぇ

そうそう
別にPvPやらなきゃいけないってことはないです
他の物見ててもわかるとおり
PvEにもすごく力入れてるようですからね

わたしはどっちかというと
50vs50以上
できれば100vs100以上の大規模戦やりたい人ですが
(≧∇≦)/ ハハハ

そういやWorld vs Worldの話もありましたけど
どうなったんでしょね

—————————————————————————————-

対戦ゲームってねぇ
知った人たちというか
身内でやると盛り上がるんですよね
知らない人でも受け狙いとか魅せプレイとかになると
勝ち負け関係なく楽しくできるんですけどね

何をしてでも勝つって人だと
そうはならないですよねぇ・・・

学生時代なら対戦した人と友達になったりしたんですけどねぇ
最近は対戦ゲームってしないからわからないですけど
そういうのってあまりないんでしょうか?


コメントを残す



*