キャラクタークリエイション

カタカナで書くとなんか変
ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

8/17~8/21
ドイツはケルンで行われている
gamescomで新しいトレイラーやデモプレイが行われていまして
いままでずっと伏せられていたPvPとか
全ての種族とか
新しいレイドボスなんかが一挙に公開されてまして
はっきりいって情報ですぎ・・・

動画もいっぱいでてきてますが
同じような内容のものがいっぱいあったりで
頭が混乱しそうでございます
(゜▽゜;)

とりあえず
出てきた情報を1つずつ整理していこうかなぁと・・・
———————————————————————————————



ということで
まずは今回初公開となったキャラクリというか
キャラメイキング

最近のMMOは
比較的自由度の高いカスタマイズが行えるようになっているのばかりで
(一部例外あり)
GW2のキャラメイクにも期待がかかるのは当然の流れ
ARENANETもそれをわかっていたようですね

かといって
あまりに自由度が高いと逆に混乱してしまいますし
なんでもかんでも好きにできるとなると
某ゲームのようにクリーチャーだらけになってしまいます

対人戦のあるゲームでは
限界まで小さくしたキャラはターゲットしにくいから
対人戦用にそういうキャラを作る
とか
ホントかウソかわからないような理由を聞いたことがありますが
GW2のPvPデモを見ている限りでは
その理屈はほぼ無意味と思われます

ゲームデザインを崩さず
なおかつ
それぞれの個性がだせるほどの自由度
その2つの間でイロイロ調整されたのか
GW2ではこんな形になりました

全種族一まとめ
(バグなのか右の表示がありませんが
 一番はっきり見える&見せてる動画)



個別
ヒューマン



チャール


ノルン


シルヴァリ


アスラ



まだ開発途中のため
ヒューマンのみがすべてのオプションが見れるだけで
他の種族では
「Not available in this demo.(このデモじゃ利用できないよん(つд・)」
と表示されてしまいます

発売時には全種族でヒューマンと同じくらいの幅を持たせるということなので
シルヴァリやアスラのカスタマイズも期待できそうですよ

つまり
全種族にアフロができる・・・?
ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

シルヴァリのアフロって
もしかして↓?


そうそう
スキンヘッドってのはネタではなく
顔の調整するときに必要なのですよ
TES:IV OBLIVIONのキャラメイクで悩んだ方なら

とってもよくご存知だと思いますが・・・

—————————————————————————————–

<おまけ>

人気急上昇中(?)のアスラのエモート(感情表現)一部

順に
Roll On Floor Laughing
Put ‘Em Up
Wave

ROFL(笑い転げる)は感情表現の域を超えてますね

キャラメイク見ればわかりますが
アスラってキャラは
某国産MMOのお子様キャラや
どこぞの動物耳付幼女キャラに比べると
かなりキツイデザインです
子供というよりも肉食の小動物のイメージが強いですから
(歯なんてギザギザに尖ってますからねぇ)
よくある美少女・美少年系の萌キャラとは完全に路線が違います
その理由で受け付けない人もいるでしょうけど
個人的には十分カワイイと思います


某国産のタ○タ○が進化したら
露骨なお子様キャラ(ラ○フェル)になってしまいましたが
動きやポーズを見ている限り
アスラのほうが正統進化じゃないのかと
タ○召喚&狩人もやっていたわたしは思うわけです

よりリアルにすれば
より可愛くなるわけじゃないだろうと・・・
デフォルメされて
どこかコミカルに見えるから良いんじゃないでしょうかねぇ・・・

コメントを残す



*