Condition Updates

なんかCondition Stackの上限が桁違いに引き上げられて、
Effectがいっぱいつくようになったから、
Conditionがメチャクチャ強くなったように思われがちですが、
実は・・・


Conditionの計算式が変わっています。
旧と新で同じCondition Damageのキャラで、同じStack数だと
実は旧の方が強かったりします。

計算式比較(Condition Damage=CD)
Bleeding
 旧:0.05 x CD + 42.5
 新:0.06 x CD + 22.0

Burning
 旧:0.250 x CD + 328
 新:0.155 x CD + 131.5

Poison
 旧:0.10 x CD + 84
 新:0.06 x CD + 33.5

Confusion
 旧:0.2 x CD + 130(相手がSkillを使ったときのみダメージ)
 新:0.0625 x CD + 49.5(相手がSkillを使ったときのダメージ)
   0.035 x CD + 10(時間経過によるダメージ)

Torment
 旧:0.0375 x CD + 32(相手の移動なし、移動時は1秒ごとに2回)
 新:0.045 x CD + 15.9(相手の移動なし)
   0.09 x CD + 31.8(相手移動時)

計算式を見るだけではわかり難いんですが、
1秒間に与えるダメージとしては大幅な引き下げが行われています。

旧の状態で、Condition Damege 100を持っていたキャラがStack 1つで与えていたのと同じダメージを、新の状態で出そうとすると、
いったいどれくらいのCD引き上げをしないとダメかという比較。

Bleeding : OLD CD:100 = New CD:425
Burning  : OLD CD:100 = New CD:1429
Poison  : OLD CD:100 = New CD:1008
Confusion : OLD CD:100 = New CD:1608(相手がスキルを使ったとき)
Torment  : OLD CD:100 = New CD:441

どの攻撃においても、前と同じCD値では話にならないほどです。
Confusionは仕様変更で時間経過によるダメージが追加されたとはいえ、
CD値を10倍以上にしなければ同じようなダメージには届かないということ。

Gw2 2015-06-25 22-59-43-026

次に、新旧で同じCD値(1000)の場合、旧のStack 10と同じダメージを与えるためには、
Stackをいくつにすれば良いかという比較。

( ) 内はStack 1つで与えるダメージ
Bleeding : OLD 10x( 92.5) = New 12.5x( 82.0)
Burning  : OLD 10x(578.0) = New 20.1x(286.5)
Poison  : OLD 10x(184.0) = New 19.7x( 93.5)
Confusion : OLD 10x(330.0) = New 29.5x(112.0)(相手がスキルを使ったとき)
Torment  : OLD 10x( 69.5) = New 11.4x( 60.9)

なんというか、Confusionはホント話にならないレベルになってます。
前の3倍くらい乗せないとがっかりな状態。


両方から考えると、CD値を前より上げつつ、Stackも稼げるようにしておかないと、
以前のCondition Buildより劣ってしまいます。

全身CelestialでRuneは汎用性の高いTravelerで揃えてCondition Buildを、
なんてやってしまうと特化させた人どころか、
以前の状態より落ちてしまうなんてこともありえます。


Build考えるときは、この辺りも参考にされていはいかがでしょう。

コメントを残す



*